エストロゲン増やす サプリ

エストロゲンと更年期の関係

女性ホルモンには2種類あり、エストロゲンと黄体ホルモンがあります。
この2須類のホルモンはそれぞれの役割があり、大きく分けるとエストロゲンは女性らしさを司るホルモン、黄体ホルモンは妊娠・出産のために必要なホルモンと言えます。

女性に更年期が起こるのは、体が40歳を過ぎると、もう妊娠しないよね・・と感じるころで、じゃ、女性のホルモンの分泌を少くなくするよ!と始まるのが女性ホルモンの分泌の減少です。

このような話をすると女性ホルモンが一生のうちに大量に作られているように感じるかもしれませんが、実は耳かき1杯程度の女性ホルモンしか分泌していません。
そんな一生で耳かき一杯しかないホルモンに女性は気づかないうちにものすごい依存をしているので、 女性の健康や美を維持しているのは女性ホルモンが決めていると言っても過言ではないかもしれません。

そんな、少しの量で多くをもたらす女性ホルモンですから、その量が少しでも減るという事は女性の体にどれほどの影響を及ぼすが想像できるのではないでしょうか?

少しでも女性のホルモンの量が減ることで、様々な体調不良に加え肌の劣化、髪の劣化、精神バランスが不安定になる、 代謝機能の低下など、女性の悩みが更年期の症状として出てくるのです。

特にエストロゲンの減少は、女性の美を劣化させることになります。
なんせ、美ホルモンとまでエストロゲンは言われているくらいですからね。
永遠の美を求める女性にとってエストロゲンは非常に大切な存在と言えます。

エストロゲンが減り始めたら

エストロゲンの減少は一大事です。
目に見えて現れるのが、
・髪のボリュームがなくなる。
・肌の衰え方が早くなる。
・食べてないのに太りだしたり、ダイエットしても若い頃のように体重が落ちなくなる。
このように、美に関する部分に露骨に影響が出だします。

又、精神的なバランスが崩れることで、ちょっとしたことでイライラしたり、特に悩むこともなかったはずなのに、突然うつのような状態になったり、 最近、メジャーになってきた【ホットフラッシュ】を発症したりと、女性にとって良いことは微塵もありません。

これもすべて、エストロゲンが減ったことが原因です。
ならば、減ったものは増やせばいいだけの話です。
エストロゲンを増やすだけで症状が驚くほど改善します。

では、エストロゲンを増やす手段は何があるんでしょうか?
エストロゲンを増やす方法は2つ。

1つは薬です。
2つ目はエストロゲンを増やすサプリの服用です。

薬の方が効果が早いのは事実ですが副作用があります。
エストロゲンを増やすサプリは副作用もなく安全ですが、薬ほどの即効性は期待できません。

私の更年期体験1

5年ほど前から、のぼせ・動悸・めまい・イライラ・感情の起伏が激しい・手足の痺れなどの症状が出始めました。

特に、40歳を越えたあたりが一番辛かったと思います。

更年期初期でしょうか・・
エストロゲンが減りホルモンのバランスが崩れ始めた更年期初期は、体と心がその症状についていけなかったのでしょう。

私は36歳の時に第三子を出産していたので、まさかこんなに早く更年期症状がでるとは思っていませんでした。
最初の頃は、正直、ショックでした。
ただ、若い頃から【自律神経失調症】や【メニエール】を経験していたので、きっと“ストレス”に弱いのであろうと自覚しており、 突然訪れた更年期症状には冷静に向き合えたと思います。

私の更年期体験2

その後、2011年。
東日本大震災が起こった年。
自分の中で、かなりショックだったのか?
それが引き金だったのか?
精神的ショックが原因なのかはわかりませんが、その夏閉経してしまいました。

51歳。
ネットで調べたり婦人科を受診したわけではないので、早いのか普通なのかわかりませんが毎月の生理のわずらわしさが無くなったことは、 ちょっとだけ嬉しさのほうが勝っておりました。

世の中の若い女性のみなさんがおっしゃるのは、「生理が無くなったら、女、終わっちゃうよね?」。
私も、若い頃はそんな風に思っていましたけどね。
それに、諸先輩方にお聞きすると「閉経前は、大出血祭りで大変なことになるからね!覚悟しておいたほうがいいよ!」とのアドバイス。
それなりに覚悟していたのですが、別に『大出血祭り』も無く気づいたら止まっていた・・そんな感じで静かに閉経を迎えました。

あれから5年。
現在は、日によって『落ち込みが激しい』時もありますが、それには原因があってのことなので更年期のせいだと思っておりません。
もしかしたら、もうすでに『更年期』を終えたのかもしれませんね。

実母が、更年期障害でかなり長い期間辛い思いをしていたようなので、私自身も覚悟はしていたのですがどちらかというと軽く済んだのではないでしょうか。

引っ込み思案で、ネガティブで、人とあまり関わりたくない時期もありましたが・・
それでも、病院に通うことなくホルモン治療も受けておらず自然に任せている状態です。
もちろん、サプリメントなども服用しておりません。
それが正しいかどうかはわかりませんが・・

私の更年期体験3

更年期の症状は千差万別。

私の場合は、更年期初期の症状が辛かったかな?と回顧してしております。

プチ更年期かな?という症状が30代後半から続いています。
最初に感じた症状は動悸です。
何もしていないのに急に心臓がドキドキする症状が怖くなり、病院に行ったところ、自律神経が乱れていると言われましたが40代後半になった今でも時々症状が現れます。
私の動悸は、どうやら気温の変化や気圧の関係で起こるようです。

また若い頃にはなかった気圧の関係での頭痛がひどくコレも更年期の症状のひとつなのだと年配の先輩女性にも言われます。
最近では、エストロゲンなどのホルモンバランスの関係なのか気分が落ち込むことが多くなったり、その日によっては全く動くことができない日もあったりと、 どうもおかしいことがたくさんあります。

更年期の症状で多いと言われているどこにいても暑いと感じる症状はまだ現れてはいませんが、正直今から怖いです。
健康診断があった時に病院の先生に相談したところ、やはり更年期の症状は徐々に現れてきているようです。
今は婦人科で血液検査を受けると更年期が始まっているのかがハッキリとわかるようなので、これ以上体がきつくなってきたら病院に受診しようかと思っています。

私の更年期体験4

のぼせ 精神不安 倦怠感 等が有りひどい時はめまい耳鳴り等で起きれなくなり、精神が不安定で常にイライラしており喧嘩が絶えなく人と接すろことが出来なくなりました。
のぼせも酷く常に暑くて私一人だけ大量の汗をかく時が多く外に出ることもままならない事が多くて、朝から身体が怠く何もやる気が起きない事が毎日で、 気付くとずーと寝てる事がほとんど。
家は散らかり片付け無いとと 分かっては居るのに身体が動かない・・・
そんな毎日で先が見えない恐怖このままどうなるのか分からない恐怖が常にありました。

初めは婦人科に行き主治医との問診で血液検査等をしましたが、プチ更年期と診断されました。
しかしプチ更年期どころか本当の更年期だと後から分かり余計に落ち込みました。
悲しくも無いのに涙が出たり自分の感情さえもコントロールが出来なくなり 薬を処方してもらいました。

漢方薬で飲んですぐ効く薬ではなく効き目を感じられないまま飲み続けて約半年後位から少しずつ効果を感じる用になったと思います。
月1での主治医とのカウンセリングと薬を今は続けております。

1年で何となく身体の不調も軽くなり楽な時は家の掃除も出来るまでになりました。
ただまだ波が有り1年経った今でもイライラする時や夕方等涙が勝手に出たりもします。

姉妹サイトはこちら

エクオールサプリがイソフラボンより更年期に効くって口コミは本当?
http://xn--88j8dsl2a7b9b0848bfpbjv2aw9m95s.net/